ホーム > 商品案内 > 医療分野商品 > TEAC製品 > ネットワーク対応 HDD/SD静止画レコーダ MV Series

医療分野商品|TEAC製品

ネットワーク対応 HDD/SD静止画レコーダ MV Series

  • 見積依頼
  • その他お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら

東京:047-304-3240

営業時間:9:00~17:30
土日祝日定休日


医療画像をハードディスクとSDメモリーカードに記録・転送するネットワーク対応の画像記録装置

  【 主な特徴 】

■ 内視鏡とのシャッター連動(別途専用ケーブルが必要)
 術中の画像記録を正確にするため、内視鏡のシャッターと連動して記録します。


■ 内視鏡または他の各種診断装置との通信連動
 RS-232Cを介して特定の各種診断装置から制御することができます。


■ 記録媒体
 内蔵ハードディスクとSDカード/SDHCカード記録に対応します。
全ての静止画・動画は一旦ハードディスクに記録し、HDD画像を通常サーバーへLAN転送します。
また、ハードディスクからSD/SDHCメモリーカードにコピーができます。


■ 各種信号入力
 NTSC3系統(コンポジットビデオ、S-Video、RGB)に対応します。


■ 4種の画質で静止画記録
 EQ(大容量)、SQ(標準規格)、HQ(高画質)、TIFF(非圧縮)の4種の画質が選べます。


■ 動画記録
・ Motion JPEGでの動画記録が可能です。最長600秒に対応します(MV-3CS-D)
・ MPEG-2による動画記録に対応です。最長24時間に対応します(MV-3CH)
・ 最長300秒のマルチフレームDICOM動画記録(JPEG Baseline)に対応。(MV-3CS-D)
・ MPEG-2による動画記録に対応です。高画質最長 22時間に対応しますに対応。(MV-3CH-D)




title-mv-3c.jpg btn_MV3CH_tobira01.jpg btn_MV3CS_tobira01.jpg
mv-3c_back.jpg



【 ラインアップ 商品説明リンク】


● MV-3CS 『 NTSC 標準画質 スタンダードモデル 』

● MV-3CH 『DVI-D MPEG高解像度モデル 外付HDD 記録対応』


● MV-3CS-D『DICOM GATEWAYモデル』


● MV-3CSH-D『 DICOM GATEWAY 高解像度モデル 』



【 診断装置連動 】

 外部制御のためにRS-232Cインターフェースを装備していますので、各種診断装置と連動できます。MV-3CHは、1280×1024(SXGA)の高精細画像を記録可能なため、ハイビジョン等の高画質映像出力機能を備えた診断装置に対応。また、Motion JPEGによる処理過程の動画記録が可能。


【 2種類の記録媒体 】

診断装置の静止画像を内蔵ハードディスクとリムーバブルのSDカードの両方(同時設定可能)に記録できるレコーダーです。

【 MV-3CS、MV-3CH共通仕様 】

 記録メディアSDメモリーカード(4GB/8GB/16GB/32GB)

※スピードクラス10以上
※Firmware Version 1.35以降


img-mv3c_SD.jpg

ビデオ入出力、画像圧縮JPG、診断装置連動、ファイル転送。


【 画質 】

 EQ(大容量) 約 20,000枚 *SDメモリーカード2GB使用時

 SQ(標準画質)約10,000枚

 HQ(高画質) 約 6,000枚

 TF(非圧縮) 約 2,000枚

 動画 600秒

 HD映像入出力、画像非圧縮TIFF/画像圧縮JPG
1280×1024(SXGA)の高解像度画像を記録することができるため、
ハイビジョン等の高画質映像出力を備えた診断装置に対応


【 専用ソフトウエアー 】:画像メディアブラウザ GT Finderは こちら


【 応用例 】 :内視鏡・超音波画像簡易ファイリング MV-NETは こちら

いずれも下記より、気軽にお問合せください。

品番 MV-3CS/MV-3CH/MV-3CS-D/MV-3CH-D
サイズ 約W202mm×H94mm×D282mm(突起物含まず)
重量 本体 約4.7kg