ホーム > 商品案内 > 医療分野商品 > TEAC製品 > 【 新発売 】 MV-7000S 標準モデル【 静止画/短時間動画 】

医療分野商品|TEAC製品

【 新発売 】 MV-7000S 標準モデル【 静止画/短時間動画 】

  • 見積依頼
  • その他お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら

東京:047-304-3240

営業時間:9:00~17:30
土日祝日定休日


内視鏡検査をより便利に、よりスピーディーに

MV-7000S



NTSCの標準画質の映像にのみ対応し静止画の記録に加え、Motion JPEG 方式による最長10分の動画記録を可能にした



検査中でも経過観察


MV-7000では、内視鏡検査中であっても過去に検査した画像をモニターに表示し、たった今内視鏡で撮影した画像と照らし合わせて患部や異常な部位などの変化を確認することができます。内蔵のHDDに記録されている画像はもちろん、オプションの画像ファイリングソフトGT Finderを使用することによって数年前、あるいは数十年前の検査までもが瞬時に表示され、治療の経過観察、または再発などの変化を検査の段階で確認することができます。


一新されたデザイン


MV-7000S/MV-7000Hでは、MVシリーズで初めて、リモコンでの操作の他にフロントパネルでの操作が可能になりました。またUSBポートの位置も変更され、SDカードからUSB HDDを使用しての大容量のデータまで記録画像の移動をよりスムーズに行うことが可能

MV-7000Sでは、S-VIDEO、コンポジット、RGBの3種のNTSC映像信号に対応し、JPEGでの静止画撮影と、Motion JPEGでの最長600秒の動画記録が可能


PPR※機能 (過去の検査画像を呼び出して表示)


MV-7000S/MV-7000Hでは、例え内視鏡検査中であっても各種記録媒体やローカルHDD、簡易画像メディアブラウザ GT Finder(オプションソフト)から検査をしている患者さんの過去に行った同様の内視鏡検査画像を簡単に探しだし、モニターに表示することが可能です。治療をすでに行っている患部などの経過確認は、検査の最中に完了することができます。
※Previous Picture Reviewing