GLOSSARY

ホーム > 産業機材事業部 > 専門用語集

専門用語集

わたしたちが今までに、「映像」に係る製品や映像システムを販売してきた中で、お客様に対する提案や現場での商談などで使ってきた「用語」について、ここにまとめてみました。
なかには一見して「映像」とは無縁と思われる「用語」があるかもしれませんが、全てどこかで「映像」と繋がる「用語」ばかりを集めました。この用語集は「映像」というものが、いかに人間の活動の隅々に 関わっているかの証左なのかもしれません。
用語の中には様々な意味合いで使用されているものもありますが、その場合はあくまでも「映像」に係る意味で説明をしております。日頃何気なく使用している言葉で、改めてその意味を確認したい場合にご利用ください。

アソシエーション

閲覧された回数:10439

アソシエーションとは、DICOM通信の開始にあたり、端末同士でDICOM通信の内容(どのような情報を、どのような転送の方法で、等々)の確認を取り合うことを言いま

続きを見る

圧縮

閲覧された回数:10665

圧縮とは、デジタルデータの容量をそのデータの表現する内容に大きな変更を加えることなしに減少させる1つの方法です。フランスの詩人は「全ては数だ。数はすべての中にあ

続きを見る

暗号化

閲覧された回数:7589

暗号化とは、主としてネットワーク転送時に送信データを盗聴、詐取されても、その内容を理解されないよう、一定の規則(暗号表)のもとにそのデータを変換することを言いま

続きを見る

暗視野観察

閲覧された回数:7942

暗視野観察とは、暗視野コンデンサーで対象物へ斜めから光をあて、それにより生じた散乱光や反射光を観察する方法のことです。明視野観察の時と違い、何もない部分は黒く、

続きを見る

アンダースキャン

閲覧された回数:9715

アンダースキャンとは、映像をモニターに表示するにあたり、元画像をモニター内で小さく表示させ、画像の全てを表示するモードのことです。ノイズなどをチェックする場合に

続きを見る

位相差観察

閲覧された回数:8211

位相差観察とは、対象物の屈折率の差が明暗の差になって見える観察方法で、これにより無色透明な標本を可視化することができます。

続きを見る

イメージサークル

閲覧された回数:8587

丸いレンズから入った光の焦点には、丸い光が結像しますが、この丸い光の結像をイメージサークルと呼びます。カメラはこのイメージサークルに、光を取り込むフィルムや、C

続きを見る

色温度

閲覧された回数:8703

色温度とは、物体を加熱して放射される光の波長を温度との比較で表現したもの。光を全く反射しない黒体を加熱すると、温度の上昇に応じて長い波長からだんだん短い波長の光

続きを見る

色収差

閲覧された回数:8337

色収差とは、レンズにおける波長による像点のズレのことを言います。ガラスやプラスチックの屈折率は波長に応じて分散します。レンズに白色光を入射させると白色光を構成す

続きを見る

色の3原色

閲覧された回数:8885

色の3原色とは、絵具やインクで自然色を表現するのに必要な3色で、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)の3色のことです。これ以

続きを見る
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページへ