光学機器豆知識

ホーム > 産業機材事業部 > 光学機器豆知識 > 第1回 Cマウントレンズと、CSマウントレンズ 編

レンズに関する豆知識

第1回 Cマウントレンズと、CSマウントレンズ 編

(2010年7月14日配信)
<< 光学機器はご相談ください >>
★☆☆☆☆
《 第1回 Cマウントレンズと、CSマウントレンズ 編 》

Cマウントレンズとは
レンズのマウントには、大きく分けてスクリューマウントとバヨネットマウント2種類分けられます。
Cマウントは、ネジを利用してカメラとレンズを固定するスクリューマウントに含まれます。
顕微鏡、映画用16ミリフィルムシネカメラ交換レンズ、防犯カメラ、工業用カメラなどのCCTV規格に採用されています。

カメラの小型化に伴い、Cマウントの規格の一部をダウンサイズしたCSマウントレンズも登場しました。
現在CCTVでは1/3"型、1/4"型のCSマウントが多く採用されています。
そこで今回は、Cマウントレンズと、CSマウントレンズに関しての豆知識です。
まずは、Cマウントと、CSマウントの規格をご覧ください。

<Cマウント規格>
口径             :25.4mm(1インチ)
ネジピッチ     :0.794mm
フランジバック:17.526mm

<CSマウント規格>
口径             :25.4mm(1インチ)
ネジピッチ     :0.794mm
フランジバック:12.5mm

image100714_01.jpg

比較してみると、口径とネジピッチが同じですね。しかしCSマウントのフランジバックは、Cマウントより5mm短くなっています。
つまりCSマウントはCマウントよりフランジバックが短いという特徴をもっている訳です。
従ってCSマウントのカメラにCマウントのレンズを装着するためには、厚さが5mmの中間リングを装着することが必要となります。
しかし装着ができたとしても、レンズにより倍率などが変わり、本来の性能が十分発揮しない場合があるので、ご注意ください。
また、CマウントのカメラにCSマウントのレンズを装着する(上記例の逆)はできません。
先ほどの中間リングの名称を『C/CS変換アダプター』とも言い、弊社で取り扱いをしております。

image100714_02.jpg

Cマウントレンズ(CSマウントレンズ) 取り扱いメーカー


・ペンタックス http://www.pentax.jp/japan/products/security/

・フジノン   http://www.fujinon.co.jp/jp/products/cctv/index.htm

・タムロン  http://www.tamron.co.jp/data/cctv/index.html

・スペース   http://www.spacecom.co.jp/product/look/index.html

・興和     http://www.kowa.co.jp/opto/index.htm

・トキナー   http://www.tokina.co.jp/cctv/tokina_jp/jp_top.html



◎ 弊社では、レンズに関する商品だけでなく映像に関わる様々な商品を取り扱っております。ここで御紹介したCマウントを使用している製品があります。下記リンク先をご覧いただきご興味のある商品があれば何卒ご相談ください。こちらをクリック



 ◆ 関連リンク ◆

 ■ 産業分野商品一覧 サーモグラフィ/ハイスピードカメラ/顕微鏡 など

 ■ 医療分野商品一覧 DICOMコンバーター/業務用画像レコーダー など

 ■ 産業機材事業部TOPページ

一覧へ戻る