アイテムイメージ

InfReC R500EXシリーズ 【超解像・高画素モデル】
見積依頼 カタログダウンロード その他お問い合わせ

超解像・高画素モデル

用途と測定温度範囲で選べる3種類のモデル

R500EX-Pro フル機能R&D用モデル 時系列データの測定を行うR&D分野や、高温物の測定に最適。 測定温度範囲
-40~+2000℃
R500EX 設備診断用
モデル
高所となる電気設備やプラントの配管などの点検に最適。 測定温度範囲
-40~+500℃
R500EX-S 構造物診断用
モデル
コンクリート構造物や建築物外壁の剥離診断に最適。 測定温度範囲
-40~+120℃


最大記録画素数120万画素の高精細な熱画像

複数枚超解像処理により、非冷却型サーモグラフィカメラとしては最高クラスの高解像度を実現しました。

・超解像(SR)モード:1280 x 960画素 空間分解能:0.58mrad相当 *1
・通常の記録モード: 640 x 480画素 空間分解能:0.87mrad


Hk7VI6ny43SoMtjhFR2ACgur.jpg
*1:手振れ等の効果による特徴点の抽出により、複数画像の合成処理が適切に実施された場合

優れた光学設計と独自の補正技術による好感度・高精度

わずかな温度差を捉える必要のある非破壊検査や、高い精度が求められる評価試験に最適です。

・温度分解能 : 0.03℃ at 30℃ *2

・温度精度 : ±1℃ *3

*2:S/N 改善時
*3:環境温度 20~30℃ レンジ1において


標準レンズで最小58ミクロンの近接撮影が可能

10cmまで近接可能な標準レンズと「複数枚超解像処理」機能の組合せにより、オプションレンズが無くても微小物の計測が可能です。

最小空間分解能 : 58μm相当 *1 <超解像(SR)モード撮影時>



作業効率を向上させるワイドな視野角

操作性の高いワイドな視野角は、限られたスペースでも広い範囲を撮影できるため、作業効率が上がります。

測定視野角 :水平32° x 垂直24°

この商品について デモのご依頼・デモ機の貸出し・見積依頼・その他お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 047-304-3240