アイテムイメージ

InfReC R300SRシリーズ 【高画質・多目的モデル】

研究開発、構造物診断、電力設備の点検など。高画質・高感度・高精度を求めるサーモグラファに

【InfReC】とは「Infrared Camera」を略した造語であり「赤外線の情報を取り込む装置」という意味を併せ持ちます。 温度計測の分野にとどまらず、環境保護や、セキュリティ・発熱者検査など社会の安心・安全に貢献する製品を開発、ご提供しております。

 R300SR 様々なアプリケーションに対応可能なスタンダードモデル
温度分解能 0.03℃ /測定温度範囲 -40~500℃
 R300SR-H 上限2000℃までの高温計測を可能な高温測定モデル
温度分解能 0.03℃ /測定温度範囲 -40~2000℃
 R300SR-S クラス最高水準の温度分解能を実現した高温度分解能モデル
温度分解能 0.025℃/測定温度範囲 -40~120℃

カタログダウンロード(PDF)

【新製品【R300SRシリーズ】の新機能と従来品R300からの改善点】

1)超解像撮影モードにより、熱画像の画素数を4倍に向上、空間分解能を約1.5倍に向上
・通常の記録モード :320x240画素  空間分解能:1.2mrad
・超解像モード    :640x480画素  空間分解能:0.8mrad相当

2)添付のPCソフトウェアにより、さらに鮮明な超解像処理が可能
添付の解析ソフトウェア『InfReCアナライザ NS9500』には、画像の輪郭をさらに鮮明にする超解像処理機能を搭載しました。エッジ効果を高めることにより、クラックなどの微細な温度差をより鮮明に見せることができます。

3)熱画像パノラマ撮影モードの自動合成精度の強化
超解像技術を応用し、連続撮影した6画像から特徴点を抽出し、高精度なパノラマ合成を実現しました。(横方向約70°相当 縦方向m約53°相当)

4)デジタルズーム時のスクロール機能を追加(スクロールインジケータ採用)
・超解像撮影データ、パノラマ撮影データも最大4倍までの連続ズーム表示が可能です。
・任意の箇所をスクロールインジケータで確認しながら拡大できます。

5)温度範囲と温度分解能で選べる3種類のモデル
この【InfReC R300SRシリーズ】では、必要な測定温度範囲と温度分解能に応じて選べる3種類のモデルをご用意しました。

・R300SR:
さまざまなアプリケーションに対応可能なスタンダードモデル。
温度分解能 0.03℃ /測定温度範囲 -40~+500℃

・R300SR-H:
上限2000℃までの高温計測を可能な高温測定モデル。炉や高温素材の測定などに最適。
温度分解能0.03℃ /測定温度範囲-40~+2000℃

・R300SR-S:
クラス最高水準の温度分解能を実現した高温度分解能モデル。
構造物診断や生体の測定など温度差が微小となる用途に最適。
特に構造物診断用途においては、現場での診断作業をサポートする「構造物診断支援ツール」をセットにした構造物診断用モデル「R300SR-SS」をご用意しました。
温度分解能0.025℃/測定温度範囲-40~+120℃

※ R300SR/R300SR-S/R300SR-Hの発売により、R300/R300Sの販売を中止いたします。
R300Zは従来通り、販売を継続いたします。

6)オプションレンズの低価格化

さまざまなシーンでR300SRシリーズをご活用いただけるよう、従来は高額だったオプションレンズの価格を大幅に低減しました。

2倍望遠レンズ      新価格:28万円(従来価格:120万円)
2倍視野拡大レンズ    新価格:25万円(従来価格: 86万円)
近接拡大レンズ(72μm) 新価格:28万円(従来価格: 86万円(75μm))


この商品について デモのご依頼・デモ機の貸出し・見積依頼・その他お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 047-304-3240