アイテムイメージ

【販売終了】HVO-1000MD 【 HD / SD-SDI DVI-D 】

【販売終了しました。代品などはお問い合わせください】

HD/SD-SDIやDVI-Dなどのマルチインターフェースを標準装備し、HD術野カメラ映像と生体情報モニターの画像をブルーレイディスクなどへ長時間記録が可能なメディカルHDレコーダー

【商品の特長】


マルチインターフェースに対応

コンポジットビデオ、Sビデオ、ステレオオーディオの入/出力、アナログRBGの入力端子、デジタル映像はHD/SD-SDIとDVI-D入/出力端子を標準装備しています。これにより各種映像機器との接続にコンバーターが不要なため、シンプルで信頼性の高いシステムを構築できます。


多彩な外部ストレージを接続可能

ブルーレイディスク(*)またはDVD-Rメディアへの記録が可能な光学ドライブを搭載しています。またUSB接続のハードディスクドライブやUSBメモリーにも記録できるうえ、これらのメディア間で相互に録画データをコピーすることも可能なので、PCで画像編集する場合などに活用いただけます。

* BD-RE DL(2層)、BD-RE、BD-R DL(2層)、BD-R

長時間記録が可能

2層のブルーレイディスク(50GB)にフルHD(1920×1080)の最高画質(20Mbps)で記録しても5時間42分の長時間記録が可能です。 ※ 記録時間、記録枚数は目安です。詳しくは、関連資料「記録可能時間・枚数」をご覧ください


2つのメディアへ同時記録

ブルーレイディスクとUSBメモリー、USBハードディスクドライブとUSBメモリーというように、2つのメディアへ同時にリアルタイム記録が可能なので、手術や検査の終了と同時に保存が完了します。


生体情報モニター画像の取り込みが可能

RGB出力を持つ端末であれば、その生体情報(バイタルデータ)の画像を取り込んで術野カメラの映像と同時に記録できます。


ネットワーク経由でファイル転送・ストリーミング(*)が可能

院内のネットワークに接続し、手術室からPCに直接録画データを転送することができます。また、ストリーミング機能により、医局やICUなどで控えるスタッフへ映像をリアルタイムで配信することができます(*)。
* ストリーミング配信を行うためには、ソニーのネットワークカメラレコーダーNSR-1000シリーズや、ネットワークカメラレコーディングソフトウェアIMZ-NS100シリーズが必要です

この商品について デモのご依頼・デモ機の貸出し・見積依頼・その他お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 047-304-3240