アイテムイメージ

InfReC H9000 (Thermo HAWK) 【超高性能ハイエンドモデル】
見積依頼 その他お問い合わせ

冷却型赤外線検出素子「InSb(インジウムアンチモン)」搭載
クラス最高レベルの超高速撮影が可能!

H9000(ThermoサーモHAWKホーク)は、最も高性能な赤外線検出素子の一つである「InSb(インジウムアンチモン)」二次元センサを搭載。短波長帯の赤外線検出感度と応答速度に優れ、一般的な非冷却型赤外線サーモグラフィカメラ(測定波長8~14μm)では捉えることができない、ハイコントラスト且つ高精細な熱画像を取得することができます。

冷却型赤外線検出素子による優れた基本性能

例えば、日光が当たらないトンネル内でわずかな温度差を検出するコンクリート内壁面剥離診断などで威力を発揮。


・測定波長:2μm~5.7μm
・温度分解能:0.025℃(at 30℃ 画質改善なし)
・画素数:640×512画素

高速現象を撮影可能なクラス最速のフレームレート

フルフレーム時で200Hz、オプションで355Hzの高速撮影が可能です。さらに、ウィンドイングモードにより、最速5000Hzの超高速撮影が可能となります。

自動車のタイヤやブレーキディスクなどの回転体の温度変化や、エアバッグ爆発の瞬間などの高速現象を捉えることができます。


・フルフレーム時:200Hz(640×512画素) オプションで最大355Hz
・ウィンドイング時:1070Hz(160×128画素)
・ラインスキャン時:5000Hz(640×2画素)
・最小積分時間:最速1マイクロsec

この商品について デモのご依頼・デモ機の貸出し・見積依頼・その他お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 047-304-3240