アイテムイメージ

【新製品】内視鏡イメージレコーダー MV-1

内視鏡イメージレコーダーMV-1は、内視鏡検査・治療の動画・静止画記録や映像の配信、 記録動画の切り出しなど、医療現場に必要な機能を凝縮した最新機種です。
消化器の検査中に患部を撮影するための静止画像記録はもちろん、 ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)など、 検査途中で行う処置の過程を記録したいというニーズにお応えするため、 1080p 60fps Full HDによる動画記録にも対応しています。

【主な特徴】


・5インチタッチスクリーン採用

5インチタッチスクリーンを採用し、見やすさと使いやすさを大幅に向上しました。


・1080p 60fps Full HD記録

1920*1080 60フレームでのFull HD記録に対応。より鮮明で流れるような検査映像の記録を実現。


・シャッター連動

内視鏡を扱う医師がより確実に思った通りの場所を記録できるよう、内視鏡のシャッターとMV-1が 記録するタイミングを同期させるシャッター連動機能を搭載。


・映像ライブストリーミング機能

映像をネットワーク経由でリアルタイム配信。別室など離れた場所でも同時共有が可能。
※ファームウェアアップデートにて対応予定(2019年夏ごろ)


・リアルタイムSD/HD映像コンバート機能

入力された高解像度映像(HD)を標準画質映像(SD)として出力など、 出力するモニターに合わせた映像に自動で変換し出力することができます。
内視鏡は新品でもモニターなどの周辺機器が古いなど様々な医療現場の環境に対応します。
※ファームウェアアップデートにて対応予定(2019年夏ごろ)


・画像マーキング機能

内視鏡検査中に任意の画像をマーキング・転送できるので、
レポート作成時の画像選択など、後工程の工数を削減。
※ファームウェアアップデートにて対応予定(2019年夏ごろ)


・「JED登録支援ソフトウェア」連携

日本消化器内視鏡学会のJED(Japan Endoscopy Database)プロジェクトが配布するソフトウェア
「PACS連携どこでもJED(仮称)」と連携し、医療施設のスムーズなJEDプロジェクト参加を支援。

この商品について デモのご依頼・デモ機の貸出し・見積依頼・その他お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 047-304-3240