【特集】レンズボールの大きさの違いによる写り方を撮り比べてみました。

King レンズボールについて、このようなお問い合わせをよく頂きます。


「大きさが違うことで写り方は変わるのか?」


確かに手に取らなければわからないところです。

そこで、4種類のレンズボールを同じ条件で撮り比べてみました。



カメラはRICOH(リコー)GR2をKing ミニグリップスタンド MINI-GSで固定して、撮影距離は約10cm。
レンズボールは付属の台座に乗せて同じ位置に置いて撮影しました。

撮影条件は絞り優先でF2.8 、F8、F11で撮り比べました。
(シャッタースピードとISO感度はオート)


まずは、F2.8


そして、F8



最後にF11



スマホで撮影する方はさらに広角になるので画面いっぱいにレンズボールを入れたい場合は大きい方が良いです。
さらにレンズボールの球体もしっかり写したい場合はF11くらいまで絞り込んだ方が良さそうですね。


レンズボールをお買い求めはこちら↓

Kingレンズボール® シリーズ


前へ

King レンズボール(R) KLB60

販売価格 ¥ 3,036 税込
透明度の高いクリスタルを使用した撮影アクセサリー

King レンズボール(R) KLB90

販売価格 ¥ 7,018 税込
透明度の高いクリスタルを使用した撮影アクセサリーです
次へ